尿酸値を下げる方法

尿酸値を下げる生活習慣とは?

尿酸値が7mg/dlを超えると「高尿酸血症」と診断され、痛風発作のリスクが高くなります。

 

そればかりか、腎臓機能の低下やメタボリック症候群による生活習慣病などの健康ダメージが生じやすい体となってしまいます。

 

痛風で痛がる男性のイラスト

尿酸値を下げるには、薬に頼る以前に食生活や生活習慣の改善が不可欠です。生活を変えないまま薬だけを服用し続けても、いずれ薬ではコントロールが効かないレベルに悪化してしまうことでしょう。

 

では、尿酸値を下げるには、厳しい食事制限や禁酒など大変な我慢が必要なのでしょうか?

 

けっしてそのようなことはありません。

 

今の食事や生活を少し変えるだけでも、尿酸値を下げるのに大きな効果を発揮することが珍しくありません。

 

このサイトでは、そのような気軽に試せて効果の高いと思われる方法を厳選してご紹介しています。

 

早速、気になるものから取り組んでみてください。

 

尿酸を減らす食べ方・飲み方

体内に存在する尿酸はプリン体という物質を元として、肝臓でつくられます。

 

もともと尿酸自体は、抗酸化作用が強く、体内の炎症を抑えるので健康に有益な物質です。ところが、それが基準値以上に増えると、結晶となり骨にこびりついてしまい、それが痛風発作や尿路結石の原因となるわけです。

 

この尿酸値を下げるには、まずは体内のプリン体を減らす必要があります。

 

プリン体は細胞の生まれ変わる際にも生じますが、食べ物や飲み物を通しても体内に取り込まれていきます。それでプリン体を多く含む食べ物である肉類や魚介類、またアルコール類などを控える必要があります。

 

一方、同じ動物性たんぱく質でも卵や乳製品はプリン体が少ない食べ物です。また大豆製品はプリン体は含まれていますが、植物性なので痛風のリスクは低くなります。

 

またアルコールを飲むのであれば、ワインはプリン体の量が比較的少ないので痛風対策としては良いようです。尿酸値を上げないお酒の飲み方はこちら

 

このようにプリン体を多く含む食品・飲み物を減らして、逆に低プリン体の食べ物を食べる機会を増やすということが尿酸値を下げるための一つの柱となります。

 

関連記事

尿酸値を下げる食べ物は乳製品
生野菜サラダで尿酸値は下がる

 

尿酸値を下げるには排出力を高める

尿酸値を下げるのにもう一つ大切なポイントは、尿酸の排出を高めるということです。

 

そして、尿酸の排出を良くすることは、食べ物のプリン体を減らすよりもさらに重要です。

 

というのも、実は尿酸の元となるプリン体の8割は細胞の新陳代謝によって生じています。つまり、食べ物をどんなに制限しても、尿酸値を下げる上では最大で2割程度の効果しかないといえます。

 

ですから、一番の問題は尿酸の排出がうまくいっていないということなのです。

 

尿酸は汗や尿から排出されますが、腎臓機能が低下していたり、血液がドロドロしてめぐりが悪くなっていると、しっかりと排出されないのです。

 

では、尿酸をしっかりと排出させて尿酸値を下げるには、どうすればよいのでしよぅか? 

 

以下の2つのポイントをおさえた食生活を続けることです。

 

尿をアルカリ性にする食事

尿酸値が高く、尿路結石にまでなっている方は、尿が酸性に傾いているのが特徴です。尿の酸性度が高いために、尿酸が結晶化するのです。

 

一方、尿がアルカリ性になると尿酸が溶けやすく、排出されやすくなります。それでアルカリ性の食品を多く食べるようにして、尿がアルカリ性に傾くように努めましょう。関連記事:アルカリ性食品が尿酸値を下げるのにいい理由

 

血液をサラサラにする食事

血液がサラサラでめぐりがよくなると、体の排出力は高まり、尿酸値を下げるだけでなく、血糖値も下がりますし、他の生活習慣病の予防にもつながります。

 

きれいな血液はすべての健康の要ですから、痛風の予防だけでなく、エネルギッシュに活躍し続けるためにも血液サラサラに良いことを続けていきましょう。驚くほど血液サラサラのサプリメントはこちら