尿酸値が高くなる3つのタイプ

体重計にのる人

 

尿酸値が高くなる原因を正しく知っておかなければ、間違った習慣を続けてしまい尿酸値が上がる一方になるかもしれません。

 

尿酸値が高くなるのは、血液中の尿酸を作り出す量と排出する量とのバランスが崩れるためです。

 

そのバランスの崩れたタイプを3つに分けると以下のようになります。

  1. 尿酸の排出は正常で産生が多い
  2. 尿酸の産生が正常で排出が少ない
  3. 尿酸の産生が多く排出も少ない

 

このようなタイプ別に尿酸が高くなる原因が存在しますから、産生が過剰になる原因と排出が減少する原因のそれぞれにアプローチをしなくては改善にはつながりません。

 

尿酸の産生を過剰にする要因としては、プリン体の多い食生活・ストレス・飲酒・肥満・がんなどの病気・遺伝が考えられます。

 

一方、尿酸の排出を減少させる要因には、飲酒・激しい運動・肥満・腎臓の病気・特定の薬剤・遺伝などが挙げられます。

 

共通する項目もありますが、尿酸が過剰に作られる原因として、食生活やストレスが大きく関わっていることに注目できます。また飲酒や肥満は、尿酸の産生を過剰にするだけでなく、排出の異常にもつながることがわかります。

 

そして、遺伝の影響も大きいことがわかります。痛風の持病を持つ人の約二割は、家族や親族の中にも痛風を患っている方がいると言われます。

 

しかし、遺伝的な素因だけで尿酸値が高くなることは少なく、やはり環境要因の与える影響のほうが大きいと言えるでしょう。

 

では、特に尿酸値を上げる環境要因のそれぞれについて詳しく取り上げたいと思います。

 

日常生活に潜む尿酸値が高くなる原因

 

尿酸値を上げる主な環境要因として、肥満・食生活・飲酒・ストレスがあります。

 

肥満

体重計を気にする女性

 

中性脂肪には尿酸の産生を促進させる作用があります。一般的に肥満度が大きいほど尿酸値は高くなる傾向があります。

 

中でも内臓脂肪型肥満になって内臓脂肪が増えると、アディポネクチンという物質が減少し、それが尿酸値が引き上げると言われています。

 

さらに肥満は生活習慣病とも深い関係がありますが、糖尿病などにより腎臓の機能が低下したり、薬の副作用によっても血清尿酸値が上がりやすくなりますから、生活習慣病は間接的に尿酸値が高くなる原因となります。

 

食生活

豚骨ラーメンにもプリン体たっぷり

 

よく言われるのは、プリン体を多く含む食べ物の摂り過ぎが、尿酸値を高くして痛風につながるということです。

 

肝臓ではプリン体を原料として尿酸が作られるため、プリン体を多く含む食材は控えめにしたほうが良いのです。

 

プリン体は動物の内臓、肉類や加工品、魚介類に多く含まれます。関連記事:尿酸値を上げない肉の食べ方

 

ですから、あん肝やレバーなどは要注意食材といえますし、ちりめんじゃこや煮干しなど頭や内臓ごと食べる食材も食べ過ぎに注意が必要です。

 

また肉や魚を原料としてダシをとって作ったスープ・ラーメン・鍋類なども、プリン体がダシに溶けだしているために尿酸値を上げる原因となります。

 

さらに椎茸などキノコ類、豆類(大豆、あずき)とその加工品(みそ、納豆)にもプリン体が比較的多く含まれているようです。

 

飲酒

アルコール飲料の多くには、それ自体にプリン体を含んでいます。さらにアルコールは体内で分解されるときに尿酸を産生します。

 

またアルコールは血中の乳酸濃度を上昇させ、腎臓が尿酸を排出する機能を低下させるので、体内には尿酸が蓄積されやすくなります。

 

そのため飲酒は尿酸値を上げる原因としてかなり大きな比重を占めています。関連記事:尿酸値を上げないお酒の飲み方

 

ストレス

ストレスも尿酸値を上げる原因となります。強いストレスを受けると、体内では防衛反応として細胞の代謝が増します。細胞の新陳代謝によっても多くのプリン体が産生されるため、それだけ尿酸も増えやすくなってしまうのです。

 

同様に激しい運動も身体的ストレスを生じさせ、新陳代謝が活発になりますから、尿酸値が上がります。

 

適度な運動は健康のために欠かせませんが、尿酸値が気になる時には軽めの有酸素運動を行うぐらいがちょうどよいようです。

 

病気や薬剤の使用が原因で尿酸値が高いことも

 

生活習慣とは別に何らかの病気の影響で尿酸値が上がる場合があります。

 

具体的には、腎臓の病気による腎機能の低下、血液関係の病気、悪性腫瘍からくる高尿酸血症などがあります。尿酸値が高めの時には、他の病気が原因となっていないか検査をしておくことも必要です。

 

さらに、アスピリンや喘息の薬などを服用していると尿酸値が上がることもあります。

 

そのような薬剤として、サイアザイド系降圧利尿薬、ループ利尿薬、喘息治療薬のテオフィリン、結核治療薬のピラジナマイド、少量のアスピリンなどが挙げられます。

 

健康食品でも、核酸を含むものを過剰に摂取していると、尿酸値が上がることがあるようです。

 

そのような原因が考えられる場合は、よく医師と相談しましょう。

 

Wパワーで尿酸対策!アンセリンとサポニンとは?詳しくはこちらへ