ビタミンCが尿酸の排出に役立つ

野菜サラダを食べている女性

 

野菜や果物にはビタミンCが多く含まれますが、このビタミンCには腎臓での尿酸の排出を促す作用があります。

 

ですから、野菜や果物を多く摂るようにするなら、尿酸値を下げるのに役立ちます。

 

ただし、ビタミンCは加熱すると失われますから、理想的なのは生のままサラダで食べるということです。

 

またビタミンCは水溶性なので、長い時間水にさらしたり、刻んだまま放置しておくと損なわれてしまいます。

 

それでサラダにするなら、食べる直前に調理して、早めに食べきってしまうのがビタミンCを補給するうえでは効率的です。

 

この点でいえば、市販のカット野菜や野菜ジュースは思ったほどのビタミンCは摂れないかもしれません。

 

一方で、生野菜サラダの問題は、カサが増えてあまり量を食べられないという点です。

 

それで、生のものとは別に加熱した野菜をメニューに加えるのもひとつの方法です。

 

その際は、茹でたり煮たりするよりも、電子レンジでチンしたほうがビタミンCの損失は少ないようです。

 

さらに野菜と果物でつくる自家製のフレッシュジュースなら、たくさんの量の野菜・果物のビタミンCをしっかりと補給できます。

 

低速のジューサーなら、栄養分も破壊されにくいのでビタミンC補給の目的にかないます。

 

なお、ビタミンCは体内にためておくことができず、余分なものは排出されてしまいます。

 

それで、毎日しっかりとビタミンCを摂って、尿酸値を下げていきましょう。

 

Wパワーで尿酸対策!アンセリンとサポニンとは?詳しくはこちらへ